ブログトップ

めいどいんぢゃぱーん♪な、水草レイアウト

madeindya.exblog.jp

メンドインぢゃないよ、めいどいんだよっ!と

本当はこっちがメインイベント

昨日、一昨日と初参戦した石組みについてのレポを長々と書いてしまいましたが、僕にとって今年のNAパーティーのメインイベントは天野邸の4m水槽を見ることでした。
一昨年のパーティーのとき、プログラムに組み込まれていたのですが台風の影響でビオトープが滅茶苦茶になってしまったらしく、残念ながら見学は中止に><
ものすごく楽しみにしていただけに、ショックは大きかったです・・・








が!しか~し!今年もめぐってきたこのチャンス!!

おそらく最初で最後の対面になるであろう4m水槽に胸をときめかせ、バスに乗り込み移動、最初にギャラリー見学をしてから天野邸へ

どうもギャラリーに着いた1番目のバスだったらしく、ゆっくりと見学(10分程度でしたが、人があまりいなかった^^)

そしていよいよ天野邸へ
着いたところは住宅街・・・・(こんな所に本当にあるのって感じの普通の住宅街でした)
駐車場から徒歩約3分
これが天野邸・・・・意外と小さい と思いつつ中に入る

ついに4m水槽と対面





こ、これは・・・・・    すっげ~~~~!!!!
(すいません画像張りたいのですが、なにぶん個人の邸宅ですので・・・^^;)

バスに乗っていた人たちが全員中に入ると、天野氏本人から水槽についての説明

天野「この水槽は先日トリミングしたばかりで~~中略~~でもきちんと、ろ過が効いているから、コケは出ないんですよ。あ、いや、アヌビアスにはちょっと付いているか?アヌビアスの方はあんまり見ないでw」

などと、お話を聞いた後で観賞することになりまして
ちょっと伝わりにくいかもしれませんが僕の感じたものを書いてみます。

澄み切った水は清流のごとく、水面にさざめく波に散らされた光が底床を照らし、流木の合間に泳ぐ魚たちは健康そのもの・・・レッドライントーピ-ドバルブの大きさと発色のよさに驚きながら、ふと心地のいい風が入ってくるのに気がつく。
風の入る方向に視線を向けると、小さな和室があり、大きく開かれた窓の外に広がる黄金色に色付いた稲穂のじゅうたんが広がり、その上には澄み渡る秋の空・・・窓の外に植栽された木が額縁のように見え、まるで窓一面が一枚の絵画のように見える・・・
また風が吹き抜ける・・・
つられる様に風の後を追いかけて、風が吹き抜けた先に視線を向けるとビオトープの庭・・・
(なんだろう、この感覚・・・・時間が止まったようにさえ感じてしまう・・・表現のしようのないほどの穏やかな時間といえばいいのだろうか・・・)

ここで天野氏が他の参加者の方に話していることが耳に入る
「この部屋はね、隣の部屋と、庭に一体感を持たせて作ったんだよ。」

すごすぎる・・・・簡単に一言で言っちゃってるけど、これは実際に見た人じゃないとわからないかも知れない・・・というか、私の表現が悪いだけか^^;

約10分の見学だったのですが、私には1時間くらい水槽を眺めていたような錯覚を味わわせてくれた非常に内容の濃いイベントでした。^^
[PR]
by madeindyapan | 2006-09-09 16:36 | NAぱーてぃー